スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族の健康状態日記 2011.3.12 - 2011.6.5

低線量被爆を知ってから被爆について心配になったので、家族の健康状態を記録することにしました。

現住所は新潟なので公的には心配ないとの話ですが、新潟のモニタリングポストの設置高やイギリスの放射能分布シュミレーションを見ると、とても公表されているデータを信じることができません。

放射能という見えない恐怖とともに生きていかなけれはならない環境の中で、放射能が原因による病気なのか、それ以外の原因による病気なのかについては私たちでは到底判断ができないと思います。
※放射能(被爆)による病気の場合、少なくとも過去の判断材料(過去に起きた症状や病気)がないと国は保証してくれないそうです。(まぁそもそも国は新潟県民に対する保証なんて全くする気なんてなさそうですが・・・)

しかし、一人でも多くの人が記録を残しておくことで、後々誰かのためになるのであれば、私はがんばって筆をとろうと思います。

更新は不定期だと思いますが、ある程度の期間で起きた症状として記録していきたいと思います。

まず初めに大震災直後から現時点(2011.6.5)までの覚えている限りの症状を家族ごとに書きます。
※家族に訂正を指摘されたら随時直すと思いますが・・・。

2011/3/12(土)2011/6/5(日)

※順番は歳の昇順(一般的に体が弱い順)です

■息子(1才半)
・3月下旬~4月中旬にかけて、風邪をひく
 →鼻水と一緒に鼻血を出す
 →38度の熱を出す
 →下痢をする
 →喉の腫れ、咳がひどい
 →背中(肩の辺り)に発疹みないたものが出る
・言っている言葉を理解するようになる
・5月中旬、再度風邪をひく
 →38度の熱が出る
 →鼻水がでる(しばらく続く)
・魔の2歳児の前兆なのか、イヤイヤ病がひどく、ダッコマンになる。

■娘(4才)
・3月下旬~4月中旬にかけて、息子と同じ風邪をひく
 →鼻水がでる
 →38度の熱を出す
 →喉の腫れ、咳がひどい
・5月中旬、再度風邪をひく
 →38度の熱が出る

■ママ
・3月下旬~4月中旬にかけて、風邪をひく
 →鼻水がでる
 →喉の腫れ、咳がひどい
 →目の痛み
  ※花粉症、黄砂等により、この時期は
・5月中旬、再度風邪をひく
 →38度の熱が出る
・日常的に喉の痛み、頭痛を訴えていた
 ※ママは緊張型頭痛、偏頭痛、群発型頭痛持ち
・仕事で疲れているのか、慢性寝不足らしく疲れが取れないらしい

■パパ
・3月下旬~4月中旬にかけて、風邪を引く
 →鼻水がでる
 →喉の腫れ、咳がひどい
・4月上旬 目がシバシバする、かゆい
・4月中旬 空気が鉄の味がした(気がした)
・4月中旬~ そんなに日を浴びてないのに顔がヒリヒリした
・5月中旬 再度風邪をひく
 →鼻水がでる
 →気管支炎のような咳がでる
・5月中旬から現在まで、体のだるさを感じる
・お腹を壊しやすい
・目の疲れが出やすい





スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。